ただいま、我が家。意外にアイデアはあった。

Posted:2021/02/20

前書き

この家を放置してから3か月以上は経っただろうか。改めて見るとひどいデザインだ。改修しなくては。

こうして文字を打っていると(読者の皆さんからすると数行進んだだけかもしれないが、意外と手を動かしている)、ペンを持った時よりも落ち着いた気持ちになれるのが分かる。キーボードが手になじむ。闘病生活の間はずいぶんと歪んだ現実が見えていたのかもしれない。

そろそろ本題に入ろう。今回は温めているアイデアを発表すると共に、我が家の改修計画を立てるとしたい。まず、アイデアが10つあるので、箇条書きで発表する。

発表候補の10つのアイデア

  • SNSに民主主義の秩序はあるか
  • 著作権法において、どのような文章に創作性が認められるか
  • 倒産はどのような仕組みで起こるか
  • 日本政府は国民の睡眠不足を解消する為に何が出来るか
  • 日本政府は国民の運動不足を解消する為に何が出来るか
  • IT業界固有のジェンダーギャップ
  • アクセス稼ぎの倫理的問題
  • 宗教と科学の闘争歴史
  • オリンピック委員会は三権分立に反するか
  • フランス軍と米軍との合同演習

タイトルだけ見れば我ながら立派そうに見える。問題は、どこまで情報を集めて自分の意見を打ち出せるかだろう。私の興味は続いてくれるのだろうか。レオナルドダヴィンチのように、全てを同時並行で続けていく手もあるだろう。もっとも、この例えは偉そうに聞こえるかもしれない。そう、私は結局のところ99.9%の確率で天才ではない。理想を思い描くのはほどほどにして、優先順位をつけるとしよう。先ほどのリストを続けられそうな順に並べ替えると、以下のようになる。

  1. アクセス稼ぎの倫理的問題
  2. 倒産はどのような仕組みで起こるか
  3. SNSに民主主義の秩序はあるか
  4. IT業界固有のジェンダーギャップ
  5. 宗教と科学の闘争歴史
  6. フランス軍と米軍との合同演習
  7. 著作権法において、どのような文章に創作性が認められるか
  8. 日本政府は国民の睡眠不足を解消する為に何が出来るか
  9. オリンピック委員会は三権分立に反するか
  10. 日本政府は国民の運動不足を解消する為に何が出来るか

最下位に関してはあまり斬新な結論は望めないかもしれない。出尽くしているという予感がするのだ。それに対し、価値観の分かれそうなテーマは面白いだろう。アクセス数至上主義だって一つの正義の形を取ると思うし、その弊害で失われる幸福を考えればもう一つの正義が明らかになり、二つの対立が鮮明に浮き彫りになる事が推定される。2番目は例外で、個人的に関心のある事柄だ。

明日の予告

今回はここまでにしよう。我が家の改築を考えたいのだ。明日はいよいよリサーチとプラン立てを始めたいと思う。私の脳よ、今日は良く寝てくれ。読んだ本の内容を覚える為に。そして嫌な事を忘れる為に。記憶を繋ぎアイデアを出してくれることを期待しているぞ。それでは。